バイアグラについてのあれこれ

バイアグラの名前は男性ならばよく耳にすることがあるかもしれません。風邪薬などと違って、普段服用することのないものですから効果や副作用を詳しく知らない方が多いのではないでしょうか?こちらではバイアグラの解説をしたいと思います。

バイアグラの画像
         

バイアグラが劇的にヒットした背景

バイアグラが登場する以前は精力剤はあったものの、EDに悩まされている男性の助けとなる治療薬は存在していませんでした。
元々バイアグラの成分であるシルデナフィルはED治療を目指して開発されたものでは無く狭心症の治療薬として開発されていたのですが、狭心症の治療薬として用いていた被験者の間でED治療に対して効果があるという話が出てきて、それがきっかけでED治療薬として研究開発が行われるようになりました。
そして1998年にアメリカではじめての夢のED治療薬として販売されて一気に話題となりました。
日本でも報道で大きく取り上げられたために、ある程度の年齢以上の方であれば当時の注目の高さは記憶に残っている人も多いはずです。
その注目の高さは日本にも大きく影響し、アメリカで注目されている時には日本では販売されていなかったのですが個人輸入で手に入れる方もいました。
日本は医薬品の承認に対しては慎重であり、だからこそ比較的安心して服用する事が出来るというメリットもあるのですが、通常は海外で人気となっている医薬品は日本ではなかなか手に入らないという問題もあります。
だからこそ夢のED治療薬という事で個人輸入に頼って手に入れる人が続出したのですが、手に入れて服用した人の中には死亡するなどのトラブルが起きるケースもありました。
そうした問題もあったので、勝手に個人輸入に頼って問題が続出するよりも医師の管理で処方した方が良いという事で、日本でも1999年に異例の速さで承認される事になりました。
現在では他にもED治療薬はいくつかありますが、初めてのED治療薬という事でバイアグラは当時劇的にヒットしましたが、現在でも人気の高い治療薬として不動の地位を築いています。

バイアグラの正しい服用方法は?

バイアグラは、ED治療薬として高い効果が認められ、服用も比較的安全とされていますが、用法や用量についてしっかりと守る必要があります。
1回の服用量は通常25mgから50mg程度ですが、初めての服用は25mg程度とし、服用後24時間は間隔を開ける必要があります。通常の薬剤のように食後に服用すると、効果が現れにくい場合があるため、空腹時かつ行為の約1時間前の服用が基本で、効果の持続は4時間から5時間程度です。
牛乳など脂肪分を含む飲料で飲むと効果が薄れることがあるため、できるかぎり水で飲むのが基本です。
服用後は、目眩など一時的な視覚障害が現れることがあるため、車の運転等は控えます。
禁忌とされる薬剤は、塩酸アミオダロンや硝酸剤、一酸化窒素供与剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬等で、これらの薬剤を服用している場合は、バイアグラの使用を控える必要があります。
肝機能に重篤な障害がある場合や、性行為自体が止められている人、心筋梗塞のほか脳出血や脳梗塞の既往歴がある人、進行性の夜盲症を患っている場合も服用を避けるべきです。心血管に障害を持っている場合は、バイアグラを服用しての性行為の際に、心拍数や血圧の異常な上昇が起きる可能性があるため、服用しないことが望まれます。
また、血圧の下限値が50mmHgに満たない、あるいは上限値が90mmHg未満など極端な低血圧や、上限値が170mmHgを超える高血圧を患っている場合も同様です。
過去にバイアグラあるいは同様の成分を含んだ薬剤を服用し、発疹やかゆみ等の症状が現れた経験がある場合や、勃起状態が4時間以上続いたことがある場合は、服用すべきではありません。
このほか、未婚の未成年者は服用が禁じられています。

飲む前に必ず知っておこう、バイアグラの副作用

バイアグラは正しく服用すれば大きな副作用リスクの無い薬ではあるのですが、それでも全く副作用が無いわけではありませんから服用前には注意が必要です。
ではバイアグラにはどう言った副作用があるのかということについてですが、基本的に誰にでも発生しうるのが頭痛やほてりといった症状です。
これらの症状はバイアグラが持つ血管拡張作用、血行促進作用によって引き起こされる副作用ですから発生したとしてもそこまで心配する必要はありません。
ただごく稀に副作用が強く出てしまう人もいますので、もし服用してから体がおかしいと感じた場合にはそれ以降の服用を中断し、なるべく早く専門医の診察を受けることがお勧めされます。
また頻度はこれらよりもはるかに少ないものの、一部では動悸やめまい、胸の痛みが報告されており、極めて稀ではあるものの失神や視力の低下、心筋梗塞も報告されています。
実際のところ心筋梗塞などの症状に関してはその人の服用時の体調が大きく関係している可能性が高くバイアグラとの因果関係は立証されていないのですが、こうした副作用の報告もあったということは知っておいた方が良いでしょう。
ちなみにこうした副作用とは別に注意が必要なのが「併用禁忌」の存在です。
これは言ってしまえば絶対に併用してはならない薬のことで、バイアグラの場合はニトログリセリンなどの硝酸剤がそれに指定されています。
硝酸剤はバイアグラと同じく血圧を大きく低下させる作用がありますから、同時に服用してしまうと相乗作用によって生命に危険が出る水準まで血圧が下がってしまうリスクがあるのです。
病院で処方を受けるのであればこうした併用禁忌は病院の方で判断してもらうことが出来ますが、もし個人輸入などで購入するのであればこうした副作用・併用禁忌の存在は必ず知っておくようにしましょう。